失敗を、恐れず、忘れず、
取り返していける強さを。

一人一役全員主役。そのモットーを体現するように、千早西クラブの子どもたちは全員が前へ、前へと、熱い想いとともに突き進んでいます。

「チームの一員であると同時に、主役の一人という自覚を持たせるために試合成績表を作り、いまの自分に足りないところを数字として見せています」と指導部。成績表は全員の打率や三振数などが一覧になっており、乗り越えるべき壁を具体的に意識しながらの鍛錬が可能に。

練習では指導者たちから厳しい言葉も飛びますが、そのスタンスは95年の創部以来一貫したもの。「どんまい」の一言で片付けず、苦手なことに立ち向かっていく、積極的な人間になってほしいとの願いがこめられた激励です。

強くなるチャンスを逃さず、
仲間とともにもっと高いところへ。

2019年には西日本小学生大会とフレンドシップリーグで準優勝を果たし、勢いにのる千早西クラブ。少人数ですが結束はかたく、年下の子たちは5・6年生の背中を見て「自分もこんなふうになるんだ」と目標を定め、日々の練習に懸命に取り組んでいます。

逃げ出したくなるときこそ、強くなるチャンス。その教えを胸に、子どもたちはさらなる高みを目指します。

【ソフトボール】
千早西クラブ
毎週水曜日の16時〜18時、土曜・日曜日の9時〜18時、千早公園グラウンドで練習を行っています。同じ目標に向かって一緒にがんばってみませんか。新しい仲間を募集しています!

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN