思いきり羽を伸ばして。
あきらめないことがチームの強み。

昔は外で遊ぶのがあたりまえだったけれど、いまは子どもたちが羽を伸ばして遊べない。だから思いきりスポーツに取り組める場所を作れたら。現在コーチを務める川野さんの願いから、朝倉市唯一のバドミントンチーム「朝倉ジュニア」は誕生し、以来18年の歴史を紡いできました。

川野さんの旦那様が監督となって動き始めた「朝倉ジュニア」ですが、メンバーの子どもたちはとにかく「あきらめない」のが特徴だそう。

「目標を決めたら達成するまで粘り強く取り組む子が多いですね」と監督。「こちらがそれを求める部分もありますが、子どもたちも必死になってくれて、真剣に取り組む姿にはいつも感心させられています」

「全力エール」で気合十分!
自分を信じて、仲間とともに強くなる。

打ち込み前には、全員で掛け声をあわせる「全力エール」を行います。礼儀やマナーを大切にするだけでなく、バドミントンへの情熱が強く感じられる瞬間です。

また、バドミントン以外のスポーツに取り組むなどして、本人も気づかなかった才能を発見する機会も設けています。自分を知ることが個性や強さを伸ばすきっかけに。子どもたちの自信がチーム全体の強さにもつながっていきます。

【バドミントン】
朝倉ジュニア
毎週月・水・金曜日の19時〜21時30分、朝倉体育センターで練習をおこなっています。「テンション高めに、腰は低めに。人には優しく、自分に厳しく。同じやるなら全力で」がモットーです。まずは体験練習に来ませんか。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN