最後のワンアウトまで
決してあきらめない。

今年で創部20周年を迎えた江上キッズは、1年生から6年生まで19人が在籍。元気な挨拶とともに次々とグラウンドに入り、上級生が下級生に声をかけながらグラウンド整備をする姿は、和気あいあいとした雰囲気です。

成長期の子どもたちのことを考え、創部当初から続けているのが約1時間のウォーミングアップ。ランニングやストレッチ、体幹トレーニングなどをじっくり行い、ケガの予防に努めています。昨年度は6年生が不在だったため、パワー不足で苦戦する試合も多く、悔しい思いをたくさんしました。しかし、どんな状況でも「一球入魂」がチームのモットー。最後のワンアウトまで試合を諦めない心を持ち続けることで、仲間との絆を深めてきました。

練習は裏切らない。
勝利をつかむその日まで。

監督、コーチ、保護者の皆さんが子どもたちに願うのは、目に見える技術力を磨くだけでなく、礼儀や挨拶、道具を大切にするなど、目に見えない心を育むことです。

勝つことの喜びを一つでも多く実感できるように、今年の目標は地区大会を突破して県大会への出場です。練習は決して裏切らない。勝利をつかむその日まで、一歩ずつ進んでいきます。

【野球】
江上キッズ
久留米市立江上小学校のグラウンドで毎週月・水曜日17時30分から19時30分まで、土曜・日曜にも練習を行っています。新メンバー随時募集中!見学・体験はお気軽にお問い合わせください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN