繰り返し、繰り返し、挑んでいく。
仲間とともにレベルアップ。

取材に訪れた3月下旬。6年生が卒業し、新しい体制で競技に取り組みだして間もないころでしたが、体験希望者たちをまじえて、体育館には元気な声が響いていました。

2003年に活動を開始した大利キッズハンドボールクラブでは、基礎からしっかり身につけていくことを心がけています。まずは一対一のキャッチボールで投球のフォームを整え、徐々に難しいテクニックにもチャレンジ。失敗したときも前向きに、改善点を意識しながら、繰り返し練習することで確かな実力へとつなげていきます。

同時に、できるだけ多くの試合を経験することもチームのレベルアップには不可欠。同じ目標に向かってともにプレーすることで、結束力と仲間意識が育まれていきます。

個性を磨いて、強さにつなぐ。
楽しく、でも真剣に。

「楽しく、でも真剣に」がチームのモットー。全体に小柄なメンバーが多いのですが、スピードを磨いていくことで体格差も強みに変えていきます。

新体制となった直後の熊本遠征では3戦全勝を収めたり、GWにはオムロンカップへの出場も決まりチームも勢いづいてきました。

九州大会への出場、そして全国大会の舞台に立つこと。大きな目標に向かって今日も子どもたちは練習に励みます。

【ハンドボール】
大利キッズハンドボールクラブ
毎週月曜と水曜の19時〜21時に、大野城市立大利中学校体育館にて練習を行っています。見学・体験はいつでも、どれだけでも受け付けておりますので、お気軽にお越しください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN