互いを支え、互いを磨く。
チームの魅力が開花する。

太宰府南コミュニティセンターを拠点に活動するチアMAC。主に小学2〜5年生で構成されるジュニアチームには、現在23名の子どもたちが在籍しています。

練習が始まる前から仲良くおしゃべりを交わし、お互いに振りつけの確認をする姿も見られ、「協調性を大切に、チーム力を高めていく」というモットーがひとりひとりの中に息づいていることが伝わってきます。

18年前、チーム結成時にはわずか3名からスタートしたそうですが、創設者である宮下先生を慕って、現在は総勢120名ものメンバーを擁するにまで成長。

もちろん、笑顔と元気をアピールして観客の皆さんに楽しんでいただく、という想いは創設以来変わりません。

何事にもアクティブに挑んでいく。
自分を、皆を、笑顔にするため。

年間で20ほどのイベントに参加して場を盛り上げる。そうした経験が、何事にも挑んでいく積極性を育んでくれます。

練習ではニーアップを重点的に行い、うまくできない子は年上の子がサポート。段階的にレベルの高い振りつけを採り入れ、新しい技にも挑戦すると同時に、仲間を思いやれる優しさを身につける。チアMACジュニアのメンバーがこれからどんな花を咲かせるのか、楽しみでなりません。

【チアダンス】
チアMACジュニアチーム
毎週金曜日の午後17時30分から18時30分まで練習しています。コミュニティセンターのほか、とびうめアリーナなどでも練習を行っていますので、見学希望の方はご連絡ください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN