支え合って、弱さをカバー。
全員ドッジで勝ちに行く。

学年に関係なく、ひとりひとりが自分の得意なこと、できることを見つけながら「全員ドッジ」を目指しているという上毛☆キッズのメンバーたち。

「みんな素直で優しいんですが、まだまだ気持ちの弱さが残っているので、それを克服していくことが課題ですね」と角監督はおっしゃいます。

練習の開始とともに体育館に響く元気な声も、全体の士気を高める大事なポイント。チームとして周りが支えているんだ、ということをみんなの声が教えてくれるのです。

試合になれば指導者は助言を与えることすらできません。ゆえに子どもたち同士で信頼感を育んでいくことが、心強さにつながり、勝利への第一歩になるのでしょう。

ひとつひとつの試合に集中し、
いつか優勝のよろこびを。

チームの創立は2007年。目標は試合で優勝することですが、まずは目の前の試合ひとつひとつに集中していくこと。今期はバランスのいいチームなので、歴代のベスト戦績も狙っています。

合同合宿などを通して他チームとの交流を図り、チーム内での仲間意識も強くしていく。信頼で結ばれた「全員ドッジ」で優勝を果たす日も、遠くないのかもしれません。

【公式ドッジボール】
上毛☆キッズ
月・金の18時半〜友枝小学校、水曜18時半〜西吉富小で練習を行っています。見学はお気軽に。また、隔月で体験ドッジを開催しております。興味のある方、ぜひお越しください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN