カラダを動かす楽しさが、
子どもたちを強くする。

あどけない表情の子どもたちが、練習の開始とともに真剣な眼差しになる。大橋駅近くのジム「アンカレッジ」でキックボクシングを学ぶのは、一見、おとなしそうな子ばかり。ですが、ひとたびリングに立てば、負けん気の強さが全身から放たれ、空気が一変します。

「子どもたちには心身ともに強くなってほしい。だから、力だけを鍛えるのではなく、メンタルも共に鍛えてあげたいです」とジムの代表である山川さんはおっしゃいます。強くなりたくて入部してくる子。憧れのモデルさんがキックボクシングをやっていると知って、自分も始めてみたという子。動機はそれぞれ違っても、練習を重ねるうちに、カラダを動かす楽しさに魅了されていくのは皆同じです。

相手と向き合うことで
闘志が湧いてくる。

相手と向き合うことで意識が変わり、強くなりたいという気持ちにも火がつくのでしょう。

試合のほか、イベントでのデモンストレーション披露など、練習の成果を披露する機会も。キックボクシングの魅力が、ここから福岡中に広がっていきそうです。

【キックボクシング】
アンカレッジ
キッズの練習は月・水・木の17〜18時、土の14〜15時に実施。親子で参加されている方もいらっしゃいます。見学、体験も随時受付中。詳しくはホームページをご覧ください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN