練習できる喜びをかみしめて、
絆の強さをチームの力に。

昨年、創部35周年を迎えた山田ジュニアファイターズでは、創設者でもある前監督の前泉氏の教えを大切に、「最後まで走り抜ける」をモットーに活動を続けてきました。

休部期間中はランニングや素振りなどの自主練を重ね、6月からようやく活動再開。ソフトボールをやれる喜びと感謝をかみしめながら、練習を楽しんでいるそうです。

取材日は雨の予報でしたが、降りはじめる前に屋外でキャッチボールなどを行いました。ひさしぶりの試合を数日後に控え、最初のうちはやや緊張している様子でしたが、次第に声も笑顔もおおきなものに。今年はメンバーが少ないものの、そこは絆の強さでカバー。練習から全力で、チームワークの良さを発揮していました。

苦しみも、楽しみも、わかちあい、
みんなの力で勝利をつかむ。

柔軟性やリズム感を身につけるため、練習ではストレッチやラダーにも力を入れているそう。子どもたち同士で競い合いながらも楽しむ時間が、基礎的な体力と技術の向上につながります。

昨年は地域の大会でも上位に食い込む好成績をあげました。思いがけず長い休みを挟みましたが、みんなで勝つことを目標に、山田ジュニアファイターズの躍進は続きます。

【ソフトボール】
山田ジュニアファイターズ
毎週水曜日の午後5時〜7時、土曜日の午後2時〜5時に大野北小学校で練習を行っています。日曜日も試合がない日には練習を行っています。女子部員も頑張っています。随時部員募集中!

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN