心をひとつに、みんなとともに。
元気いっぱい再スタート。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3ヶ月ものあいだ練習をお休みしていたクローズ蒲池の皆さん。6月に入って練習を再開した後も、筋力が落ちていることなどを考えて、すこしずつ体を慣らすことから始めたそうです。

「もともとこのチームでは、ケガをしないための練習を重ねています」と与田監督。「ちいさな子もいますから、つきゆびなどにも気をつけて、まずはゴロやバウンドをキャッチするところから、ていねいに指導しています」

そうした気配りはチーム全体に行き渡り、練習では上級生が下級生にやさしく教える場面も見られました。また、体育館に響く元気な声には、長い休みを挟んでいたぶん、体を動かせるよろこびに満ちあふれていました。

自ら考え、楽しくチャレンジ。
次の試合に向けて全力で。

子ども会から始まったチームも、丸10年。ひとりひとりが自主的に考え、楽しみながらチャレンジしていく。その姿勢は年々強くなっているそう。できることが増えるにしたがって勝ちたい気持ちが芽生え、努力の大切さを知る。その積み重ねがチーム全体の実力を育んできました。

再び試合ができる日を目指して、クローズ蒲池は今日も一丸となり、いまできることに全力で取り組んでいます。

【ドッジボール】
クローズ蒲池
毎週土曜日8時〜10時は蒲池小学校、月・水曜日18時30分〜20時30分は蒲池中学校で練習しています。明るく、思いやりにあふれたチームです。見学・体験ご希望の方、ぜひお越しください。
※季節により時間変更有り

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN