視点を変えて、理解を深める。
競技を超えた成長をもたらす練習法。

創部40年の歴史を誇る糸田町スポーツ少年団柔道部。福岡県少年柔道大会でベスト8入りするなど、その歴史のなかで着実に実績を重ねています。

練習においては、試合で役立つ思考力を養う目的もあり、新しい試みを積極的に取り入れているそうです。たとえばアイマスクを装着して「視界を奪われた状態でどこまで素早く動けるか」を体験してみることも。

「様々な練習メニューを取り入れることで、競技への考え方が深まったり、目線を変えることで新しい楽しさを学ぶこともできます」と倉石コーチ。読書感想文を書くという課題もあるそう。理解力を向上させることが、柔道はもちろん、学校生活にもプラス効果をもたらしています。

自らを鍛え、最後までやりぬくこと。
その経験が子どもたちを強くする。

道場の教えのひとつは「自立の精神」。その教えに従ってか、もっと強くなりたいと願う子どもたちの発案で、自由参加型の強化トレーニングも休日に行うようになりました。

年末には「今年のMVP」「皆勤賞」を表彰し、年間を通じて楽しい行事も実施。「最後までやり抜く」ことの大切さを学びながら、今日も子どもたちは好奇心たっぷりに練習に打ち込んでいます。

【柔道】
糸田町スポーツ少年団柔道部
糸田中学校武道場にて、毎週月・水・金の18時15分〜19時50分に練習を行っています。随時、部員を募集しています。見学は19時以降にお越しください。歓迎します!

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN