ただひたすらに鍛錬し、
昨日の自分を超えていく。

創部から30周年を迎えた賀茂少年剣友会。2019年度の地区大会でも小学3・4年の部で準優勝するなど、世代を超えて多くの実績を重ねています。

チームのモットーは「一意専心」。その言葉には、迷うことなくただひたすら剣道に集中し、剣道を通じて人間的にも成長してほしいという思いが託されています。

技はもちろん、精神にも磨きをかけることで、昨日の自分を超えていく。そのためにもの多くの試合に出場し、ほかのチームの研究も真剣に。子どもたちが自分の剣道を追求できるよう、指導者や保護者のみなさんもサポートを徹底されているそうです。たとえ負けても、すぐに「次は勝つ!」と切り替えられる。それもまた日々の鍛錬の賜物です。

練習も大事。遊びも大事。
何事にも本気で向き合う。

練習中は真剣で寡黙な子どもたちですが、練習を終えると緊張がほぐれたのか、みんなスカッとした笑顔を見せていました。集中力を高める普段の稽古が、オンとオフの切り替えの上手さにもつながっているのでしょう。

夏にはバーベキューを楽しんだり、長崎までのバスハイクといったイベントも。剣道とも仲間とも本気で向き合う時間がチームの絆を深め、次の一勝への原動力となるのです。

【剣道】
賀茂少年剣友会
毎週木曜日と土曜日の17時から19時まで、賀茂小学校体育館で練習を行っています。春(4〜5月)と秋(9〜10月)の年2回、入部を受け付けています。興味がある方はぜひお気軽にご相談ください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN