歴史重ねて、継がれる想い。
好きな気持ちを強さにかえて。

鳥越監督が「ちとせFC」をたちあげたのは、およそ40年前のこと。以来、スポーツ用品店を営みながら、数百名にもおよぶ部員たちを育ててきました。創部当初はまだまだメジャーではなかったサッカーも、いまでは国民的スポーツとなり、部員数も50名を超える大所帯に。

「時代が変わって、子どもたちのスキルもあがってきていますが、指導者としていちばん強い思いは、『サッカーを好きになってほしい』という気持ちです」と鳥越監督。

4つの小学校から集まった子どもたちは休憩時間にもボールを離さず、楽しそうな笑顔を咲かせています。一方で、コーチ陣の厳しい指導もしっかり受け止め、やればやるほどサッカーを「好き」な気持ちが強まっていくそうです。

尊敬と感謝を伝え合う。
その関係が、飛躍につながる。

チームのモットーは「リスペクト」。すべての人、すべての物に対して尊敬、感謝の心を持つことが、チーム全体の強さへとつながっていきます。

試合に勝ったときには称え合い、負けたときには互いに慰め、励まし合う。たくさんの経験を糧にしながら、県大会ベスト8という目標に向かって突き進んでいく。長い歴史にまた輝く1ページが加わる日も近そうです。

【サッカー】
ちとせFC
火曜と木曜の午後5時〜7時、土曜日の午後2時〜5時、吉井町勤労者体育館または千年小学校グラウンドで練習を行っています。「リスペクト」をモットーに、低学年から高学年まで、楽しくサッカーをしています。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN