やる気、負けん気、根気強く。
チームワークで勝ちに行く。

元気で素直な心をもって成長してほしい。初代館長の願いが込められた「直心」を道場訓に掲げる桜武館は、創設から40年以上の歴史を誇るチームです。

友人の誘いや、兄・姉の姿を見て剣道を始めた子たちも、竹刀を使う競技に最初はちょっと怖がることも。それでも試合に出て勝つ喜びを知ることで、剣道そのものを好きになっていく。その後は「やる気」「負けん気」「根気強く」の精神を胸に、練習に取り組んでいくそうです。

試合では個人の実力だけでなく、チームワークも大事。前のメンバーが敗北を喫したら、「つぎは自分が勝つ」という気迫が生まれる。そうして自分の役割を自覚することが、チーム全体の成長にもつながっていきます。

ともに過ごす時間を糧にして、
新たな歴史を作っていく。

練習前後の掃除、鏡開きや食事会など、ともに過ごす時間の中で絆を深めていく子どもたち。今年、すでにふたつの大会でベスト8に、篠栗錬成大会では見事に優勝を果たし、上位を目指せるチームとして頭角を現してきています。

個人で勝つのではなく、チームで支え合って勝ち上がっていく競技であることを一同が認識して、新たな歴史を作っていく。桜武館の今後の飛躍に期待が高まります。

【剣道】
桜武館
志免南小学校体育館にて、火・木・土曜日の午後6〜8時の練習に加え、土曜日は午前7〜8時の朝練習、春・夏休み中は月〜土曜日に朝練習を行っています。入部受付中。校区や地域の制限はありません。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN