ミスしたって大丈夫。
仲間の声が、勇気をくれる。

山間のグラウンドに響く元気な声。創部から42年目を迎えるスターズ星野の底力は、練習や試合中の「声出し応援」が源です。ミスしたときは「どんまい」、ファインプレーには「めっちゃいいやん!」と、どんなときも前向きになる言葉が飛び交っています。

「日頃の練習の積み重ねがプレーに出るので、練習は基本を忠実に、良いプレーはみんなで褒めて試合につなぎます」と、自身もチームのOBである山口監督はおっしゃいます。

現在のメンバーは小柄な子が多く、機動力を活かしたプレーが持ち味に。

常に「次のプレー」を考えながら、一球一球に集中し、一球一球を大切に、一丸となって勝利を目指しています。

野球をできる喜びが、
勝利への道しるべ。

昨年、一昨年と、八女市の試合で連続優勝を飾ったスターズ星野。しかし、長い歴史の中には辛い時期もありました。

豪雨に見舞われ、半年ほどグラウンドが使えず練習できなかったことも。低学年でその悔しさを味わった子たちが、野球をできることへの喜びと感謝を知って、いま、高学年になり、チームを引っ張ってくれています。

次の勝利に向け、今日もグラウンドに元気な声が響きます。

【野球】
スターズ星野
毎週火曜日18時半から池の山グラウンドで、水・金曜日は17時から星野小学校で練習をしています。1年生から6年生まで、元気な女子メンバーも在籍中。見学・入部、いつでも歓迎します。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN