高い目標も、幾多の悩みも、
笑いながら乗り越える。

とにかく楽しいバレーを。それが、小笹ジュニアバレーボールクラブの根底に流れる精神です。創設者でもある山本総監督は「バレーが好き、という気持ちをなにより大切にしていきたい」とおっしゃいます。

思うように動けなかったり、悔しさを味わったり、ときには怪我をすることも。それでもバレーを「好き」と思えるのは、それぞれが目標を持ち、そこへ向かって一歩ずつ前進していけるから。

メンバーひとりひとりの練習ノートには日々の記録に加え、各々の課題や悩みも書かれています。そのすべてにコーチが目をとおし、丁寧にコメントを返す。そうしたやりとりも、強さの秘訣なのでしょう。

明るく元気に、勝ちに行く。
その熱意が未来を照らす。

横断幕にも書かれた「夢にジャンプ」という言葉が、チームのスローガン。それとは別に、毎年、6年生が考える年間テーマもあり、今年度は「一勝健明」。明るく元気に、一番多くボールを拾って、勝ちに行く。そんな決意が込められています。

試合や練習での経験、そしてこのクラブで培った「バレーが好き」という熱意が、未来へ羽ばたく翼になるのです。

【バレーボール】
小笹ジュニアバレークラブ
毎週木曜・土曜日18:00~20:00、小笹小学校体育館で練習に励んでいます。女児、男児ともに部員募集中。見学、体験など、お気軽にお越しください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN