みんなで楽しく。ときに厳しく。
やりたい熱意、できた喜びを大切に。

卓球道場として10年の歴史を誇る、博多卓球クラブ。「楽しく練習し、試合で勝つ」というモットーのとおり、練習開始とともに子どもたちは卓球台に急ぎ、わいわいと楽しみながらラケットを振りはじめます。

「初めて卓球をやる子が多いので、やりたい気持ちとか、できた喜びを大切に、始まりの一歩を支えてあげる場でありたいと思っています」と森山監督。

その想いに応えるように、多くの子が毎日のように道場に通い、練習に精を出しているそうです。

展開の早い卓球は集中力を養うとともに、頭の回転もよくなるとか。自分のプレーを見つめると同時に相手の動きも読むことが、他人への思いやりの心も育んでくれます。

卓球の魅力を全身で味わいながら、
目指すは全国大会への出場。

現在、博多卓球クラブは姪浜と新宮、ふたつの道場を構えており、県内外から90名もの子どもたちが通っているそう。全国区の選手へと育っていった出身者もいて、チームとしても全国大会への出場が大きな目標になっています。

練習での楽しさ、試合での喜びや悔しさ、そのすべてを糧にしながら、人としても大きく成長していく。卓球の魅力に触れるのに、これ以上の場はないのかもしれません。

【卓球】
博多卓球クラブ
練習は毎日しています。見学、入部をご希望の方は「博多卓球道場」ホームページをご覧いただき、お電話をいただいたのちに姪浜か新宮の道場へお越しください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN