失敗を恐れず挑戦すること。
「1本のキャッチ」が成長の鍵。

昨年、チーム発足から10年の節目を迎えた西牟田ファイヤーズ。放課後の遊びから始まったチームですが、「試合をやってみたい」という思いから、福岡県ドッジボール協会に所属し、本格的な競技として取り組むように。

チームのモットーは「何事にも挑戦」。やらずに後悔するよりも、チャレンジして、その経験を宝にすること。

「成長の鍵は、1本のキャッチにあります」と田島監督。選手によっては時速80km超のスピードが出るといいますから、最初のうちは恐怖心から逃げ腰になるのですが、勇気を出してキャッチできると、そこからぐんと成長するそうです。

試合できることに感謝しながら、1試合1試合を全力で楽しむこと。その繰り返しで、チームは強くなっていきます。

チームの絆を深めながら、
ともに闘志を燃やし続ける。

公式ルールでは、1試合わずか5分。「5分間休まずに反復横跳びを続けるくらい」の体力と集中力が要求され、スピーディーな展開を乗り切るチームワークも重要に。そのため、練習以外でもレクリエーションや合宿などを通じて、チームの絆を深めているそうです。

真っ赤に燃える闘志を表すようなユニフォームに身を包み、西牟田ファイヤーズの挑戦は続いていきます。

【ドッジボール】
西牟田ファイヤーズ
月・水曜日の午後5時半〜7時半、土曜日の午前9時〜12時、筑後私立西牟田小学校体育館で練習を行っています。男女ともに、随時入部受付中。まずは体験に来てください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN