自ら考え、進んで動き、
涙も笑顔も力に変える。

練習の合間、子供たちは自主練の計画案を持って、監督のもとに集まります。それぞれの目標を自分で考え、実現に向け行動していくこと。それこそが、チーム全体を前進させる力になっていくのです。

今年度は6年生不在でありながらも、チームの目標だった「年間30勝以上」を見事に達成。上級生がいないぶん、低学年から多くの試合を経験することで、メンバーひとりひとりに自信と実力が育まれてきました。

泣く回数が減ってきたことも成長の証だと、安陪監督は言います。「負けて泣くより、勝って泣こう」という指導を受けることで、子供たちも悔しさを涙とともに流すのではなく、次へのステップとして乗り越えているのです。

あいさつとともに響く
チームの強い一体感。

東野少年野球の創部は25年前。親子二代で部員という方もいらっしゃる、歴史あるチームです。

『あいさつ・元気・一生懸命』というモットーのとおり、交わす言葉は元気で丁寧。部員・保護者・OBの和気あいあいとした雰囲気がチームの一体感を生んでいます。

厳しい練習を重ね、来年度は大きな目標である「優勝」に向かって、さらなる躍進を遂げることでしょう。

【野球】
東野少年野球
毎週水・金・土・日、そして祝日に東野小学校で練習しています。部員・保護者・指導者・OBがひとつにまとまったチームで、来年度の優勝目指して、新メンバーも募集中。見学・体験も随時受け付けています。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN