大きな試練を乗り越えて
3年ぶりの公式戦へ。

創部38年を数える歴史あるチーム。しかし3年前、メンバーは7人にまで減り、試合もできない状況に。「なんとか子どもたちにサッカーを楽しめる環境を!」と古賀一成コーチや保護者は奔走。近隣小学校からも仲間が増え、今では30名を超える大きなチームになりました。そしてついに今年、3年ぶりに公式戦へ出場。心機一転、新しく揃えたユニフォームには、青と白のチームカラーが爽やかに輝きます。

「サッカーは生涯続けられるスポーツ」と古賀コーチ。小学生時代には基本技術を学ぶのはもちろん、サッカーを好きになることが重要だと語ります。その言葉通り、チームは和気あいあいとした雰囲気。低学年から高学年まで声を掛け合い、仲良く練習する姿がありました。

考え、理解し、自由に発想!
子どもたちが主体の練習。

練習は子どもたちが「考える」ことを大切にしています。例えばパス練習の途中、「なぜ、だんごになってしまうと思う?」と問いかけると、子どもたちは自分の考えを口にします。コーチはそれをひとつずつ解説し、具体的な課題が見えたところで、練習を再開するのです。

今の目標は宗像地区大会での優勝。サッカーができる喜びから勝つ喜びへ、さらなる成長を目指しています。

【サッカー】
自由ヶ丘サッカークラブ
1〜6年生までの男女32名が所属。月・水・金・土・日曜に宗像市立自由ヶ丘南小学校グラウンドで練習を行っています。見学や体験入部は随時可能。親子サッカーや登山などのレクリエーションもあり、家族で楽しめるチームです。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN