楽しいと思える気持ちが
自分自身を成長させる。

大会でベストを尽くせるよう、苦しい練習にも懸命に取り組む、うきは市陸上クラブの子どもたち。「脚上げて」「真っ直ぐ前見て」と、松岡監督の指導にも熱が入ります。

基礎をしっかり身につけてほしいと、約1時間半の練習では、ウォーミングアップや基本となるトレーニングを重視。また陸上だけにとらわれず、サッカーや他のスポーツを取り入れるなど、子どもたちの体力づくりや、モチベーションを高める工夫にも、監督ならではのアイデアが詰まっています。「走る楽しさが芽生えれば、もっと頑張ろうと自発的に行動できるはず。その時が本当の成長のとき」とテクニックだけでなく、子どもたちのやる気次第で上達できる環境づくりに心を配っています。

チームワークの良さが
強さに変わる。

メンバーたちが自ら選んだ男女それぞれのキャプテンを中心に、約50人のチームは団結力も抜群。「上級生たちの面倒見も良く、和気あいあいとした息のあったクラブ」と誰もが認めるほどです。

チームの次なる目標は全国大会出場。「チャンスはある」と強気に語る監督。その期待に応えるために、選手一丸となり夢のゴールへと駆け抜けます。

【陸上】
うきは市陸上クラブ
練習は週3回。小学1年生から6年生の男女が所属しており、学校や学年は違ってもチームワークはばっちりです。足の速さに関係なく、興味がある方、大歓迎。体験もできるので、まずは気軽に参加してみてください。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN