勝つ喜び。負ける悔しさ。
どちらも成長への糧にする。

2015年夏季ジュニアオリンピックカップ九州予選大会において、14チーム中、第3位の好成績を収めた福岡ブレーブス。チーム創設からわずか2年目の快進撃でした。

急成長の理由は、試合形式での練習を重視しているから。勝ち進む喜びと、負ける悔しさの両方をしっかり味わってこそ「次こそは!」という確かな目標が芽生えるのだと、代表の池田さんはおっしゃいます。

「水中の格闘技」とも称される水球ではスタミナが不可欠なので、水泳やランニングなどの別メニューも積極的に実施。さらに、自分の苦手な部分を見つけては克服に努めるそうです。日々、自分自身と向き合うことが、次の勝利への準備となるのです。

ともに過ごす一分、一秒が、
輝かしい未来に続いている。

選手個人の能力に加え、チームとしての成長のため、食事会や合宿といった時間も大切にしています。

寝食を共にしながら、相手を思いやる心を育み、強い体と挑戦できる心を互いに磨いていくそうです。

「挑戦・勇気・全力・思いやり」というモットーを掲げ、池田代表の指導のもと、チーム一丸で全国制覇を目指す。未来の強豪の歴史は、始まったばかりです。

【水球】
福岡BRAVES
東平尾公園の福岡県立総合プールで毎週土曜の17時~21時に練習しています。小学1〜中学3年生まで、男女問わずメンバー募集中。体験練習も行っています。見学だけでもお気軽にどうぞ。

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN