お互いに認め、助け合う。
声掛けが築くチーム力。

創部28年の歴史を持つ香椎浜サンダースは、香椎浜小学校を活動の拠点とした野球チームです。

3〜6年生で構成される計14名のメンバーたちは、キャプテン・副キャプテンを中心に声を掛け合い、白球を追いかけながら、グラウンドを所狭しと駆け巡ります。

香椎浜サンダースのモットーは「子どもらしく、礼儀正しく、元気よく」。

挨拶や声掛けは、相手の存在を認め思いやることです。

たとえ試合中にメンバーがエラーをしても「ドンマイ!」「次のプレー、みんなでエラーをプラスマイナス0にしていこう!」と声を掛け合います。

この優しさと強さで結ばれるチームワークが、最大の強み。

みんなで一丸となり1戦1戦、勝利を目指して前向きに挑みます。

チームの成長はメンバーの成長。
監督との信頼がキッズを育てる。

上川明人監督はメンバーたちを決して子ども扱いしません。

いちスポーツマンとして掛けられる言葉は厳しくもありますが、自分たちなりに頑張って監督の期待に応えることができたとき、メンバーは野球の楽しさを強く感じることができます。

その経験が強い信頼関係を築き、さらなる成功体験に繋がります。

彼らは野球を通して大きく成長し、大人への階段を確実にステップアップしていきます。

【野球】
香椎浜サンダース
福岡少年野球連盟加盟チーム。練習は土日祝に行っています。小学1〜6年生まで、男女問わずメンバー募集中。11/14(土)、連盟主催のシーズン閉幕式を雁ノ巣で行ないます。見学もお気軽に!

© 2015 JA ZENNOH FUKUREN